2011年05月08日

2007年05月24日

しぶとく戻って参りました

こんにちは、パピィです。

全国、いや全世界約0人の読者の方々、お待たせしました。

本日を持ってブログを再開します。


ブログの再開・・・そうそれは私の就職活動が終わったことを意味します。

実を言うとGW前には終わっていました。

しかし、就活終了の開放感から飲みに行ったり、旅行に行ったり、ただ遊ぶためだけに大学に行ったり、女の子からのメールが返ってこなかったり、このブログの存在をすっかり忘れていたりで再開が遅れてしまいました。

申し訳ございません。

むしろ2つくらい前の記事で「就活中もブログやります!」と宣言したにもかかわらず、案の定残念な結果になってしまい申し訳ございません。


就職活動は戦争でした。

狐と狸の化かしあい。

昨日の友は今日の敵。

僕も、集団面接の前に「一緒に頑張りましょーね☆」と話しかけて来た人がいざ面接になった途端「私が・・・」「私は・・・・」と僕の入り込む余地がないぐらいに主張してきた場面に遭遇して、『これは就活なんて甘いものやない、戦争じゃ、戦争なんじゃ!』と実感しました。


次回からはこの就職活動という名の戦争についてちょびっとずつ書いていこうと思います。

乞うご期待!・・・しないで下さい。

じゃあまた、パピィより。


P.S.

就活を終えて友人に言われた一言。

「お前が就職出来るなんて・・・今年は本当に売り手市場なんだな(ボソッ)」



・・・僕もそう思います。
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 01:24| Comment(33) | TrackBack(6) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

そのまんまがねこまんま

こんにちは、パピィです。

そのまんま東知事、ノリにノッてますね。

テレビで見ない日はありません。


それにしても彼が県知事に決まったときは驚きました。

友達の家の玄関に入った瞬間、「うわー!」と声をあげながら階段を転げ落ちてきたおばあちゃんを見たときぐらい驚きました。

あ、ちなみにそのおばあちゃんは今もピンピンしているそうなのでご安心を。


ここ十年くらい青島幸男氏を筆頭に、有名人の政界ラッシュは止まることを知りませんね。

そのうち爆笑問題の大田氏なども出馬するかもしれません。


ところでほとんどの有名人が出馬のときも芸名を使っているわけですが、これって制限とかないのでしょうか。

例えば江頭2:50氏、ゴリ氏、安田大サーカス・団長氏というのもありなんですかね。

「日本の首都東京の知事は・・・安田大サーカスの団長氏です!」

都民は火の輪くぐりを義務付けられそうですね。


そのまんま東氏は宮崎県に新しい風をもたらすことが出来るのでしょうか。

楽しみです。


追記 どうしてもそのまんま東氏の芸人時代のキャラが思い出せません・・・。

なんか「太陽拳!」とかやっているイメージがあるんですけど、それって絶対見た目から来ているイメージであって、実際やっていませんよね。

うーーん、youtubeでも探すか・・・。


じゃあまた、パピィより。
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 01:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

ペコちゃんの笑顔

こんにちは、パピィです。

ここぞとばかりにいくつかの食品会社が一斉に不祥事を公表したり、自主回収に動いたりしていますね。

9.11の事件直後に発表された東野幸治の離婚会見と同じ匂いを感じるのは私だけでしょうか。


それにしても不二家の件は非常に残念でした。

と、いうのも僕はけっこうな不二家ユーザーで、中でも不二家のミルクレープが大好きだったからです。

カントリーマームも電子レンジでチンして食べるのが好きでした。

ペコちゃんの飴も銀歯が取れそうになるぐらい噛んで食べるのが好きでした。

不二家のレストランはドキドキの初デートで使いました。

まだ何も言ってないのに遠まわしに振られました。


不二家は日本の文化であり、僕の歴史でもあるので企業体質を徹底的に改めてまた復活してくれることを望みます。

そのために今の僕に出来ることはありますでしょうか!?


・・・ふんふん。
・・・なるほど。


どうやら無いようです。

無力な僕はただただあたたたたたたかく見守っていきたいと思います。

じゃあまた、パピィより。
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 17:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

輪廻転生

こんにちは、パピィです。

お久しぶりです。


すいません前回の記事で就活が終わるまでブログは更新しませんっ!と鼻毛を飛ばさんばかりに鼻息荒くして言っていたのですが、やはり取り消して頂いてよろしいでしょうか。。。

理由は就活の方のブログが鬼真面目にやりすぎたせいで「今日は朝7時に起きてパンを食べようとしたらうっかりパンパースでした。」みたいなただのしょーもない日記と化してしまい、全くの鳴かず飛ばずな状態となってしまったからです。。。

まさに「そんなことは貴様ん家のチラシの裏にでも書いておけ!」状態。。。


というわけでこれからは就活の不真面目なネタも取り入れつつ、再びこちらで更新しようと思っています。

本当言うこととやることが毎回違ってお恥ずかしい限りですが、これからもまたよろしくお願いします。


じゃあまた、パピィより。

posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 01:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

あのサヨナラにサヨナラを

こんにちは、パピィです。

今日は皆様にしばしのお別れを言いに来ました。


僕は現在某大学院の一年です。

基本的にニート体質ですし、いつもルーラが使えたらなーと考えています。

しかし、例えもし僕がアクティビー&ポジティビー&魔法使いでも、大学院を卒業して人並みの生活をしていくにはお金を稼がなければなりません。

しかし、いくら最近は景気回復の兆しが見えお金が稼ぎやすくなっているといっても、そこら辺の土を掘ったら大判小判がざっくざっくというわけではなく、お金を得るためには会社に就職しなければなりません。

しかし、いくら団塊世代の一斉退職の影響で就職がしやすくなっているといっても、赤ふんどし一丁でその会社の社長に「ぼきゅも仲間に入れて!」と言って採用されるわけではありません。

ということでわたくしパピィ、これからしばしの間就職活動に専念するふりをさせて頂きます。


「えー別に今でも大して更新してないんだからさー、平行してこのブログも続ければいいじゃん!どーせ就活だってヘラヘラ手ー抜きながらやんでしょ!?」

確かに仰るとおりです。

ブログなんて続けようと思えばいくらでも続けられます。


そこでわたくし、新たに就職活動用のブログを開設させて頂きます。

その名も「パピィの七転八倒就職活動日記‐ライオンはウサギを狩るときでも全力で千尋の谷に突き落とす‐(仮)」です。

就職活動の間はそこで一暴れしてきて、一段落ついたらまたここに戻ってこようと思います。

分けたことに特に深い意味はないのですが、まあ強いて言うなら就活のブログは少し真面目になってしまうからというのが理由です。


というわけで、しばらくの間このブログを留守にします。

今までこのブログを観てくださっていた皆様、本当にありがとうございました。

また戻ってきたときは、よろしくお願いします。


もし戻ってこなかったときは・・・就活に失(以下略)・・・

察してください。


じゃあまた、パピィより。
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 23:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

クリスマスで何を叫ぶ?

こんにちは、パピィです。

最近は一段と寒さが増してきましたね。

街の中もいつの間にやらすっかりクリスマスモードです。

ホント、いろんな意味でお寒いですよね。


なんですか、もうクリスマスまで40日を切ったですって?

そりゃーよござんしたね。

僕の周りでも彼女に渡すプレゼントを悩んだり、どこでイヴを過ごすか悩んだり、どうやったらベランダにわっさわっさ集まってくるカラスを撃退できるか悩んだりしているわけですよ。

幸せなこってす。


え、じゃあ僕は何をしているんだって?

はいはい、どうせ「最近ではガチのBoys Loveのことをウホッではなくアー!!で表現するんだなー」とかどーでもいいことしか考えていませんよ。

それが何か?


なになに、陣内智則が藤原紀香と結婚できるぐらいだからパピィも頑張れば大丈夫だって?

ねえ君、ちょっとこっち来てくれるかな。いや、来い。

お前ね、陣内なめんなよ?

あの人の一人コントまじで天才的に面白いんだぞ?

俺はな、自慢じゃねぇけどまだ若手芸人ブームが来てない頃から爆笑オンエアバトルとかで陣内のコントを見てたんだよ。

そん時思ったよ。こいつは来る!きっと来るって!!(貞子じゃねぇぞ)

「視力検査ネタ」とか「ニュースキャスターネタ」とかな、最近エンタの神様とかに出てきている低レベルなピン芸人の比じゃねぇよ。

Googleのことを「ゴーグル」と言っちゃったり、愛子さまのことを「のり子さま」と言っちゃうようなウチの教授でもまったく歯が立たないんだぜ。

お前な、それをわかって言ってるのか?

だからここで言わせてもらう。

「陣内に紀香は妥当!!」


ん?お前のせいで何の話をしてたかわかんなくなっちゃったな。。。

まあ結論はその・・・つまり・・・こういうことだ。


「僕もみんなの仲間に入れて!」


・・・じゃあまた、パピィより。


↓クリスマスなんてアー!!
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 02:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

スピリチュアルと便所男

こんにちは、パピィです。

この間電車に乗っていたら、隣に座っている女性がスピリチュアル江原さんの本を読んでいました。

しかもカバーを付けずにむき出しでその本を読んでいたのです。

その行動がとても大胆に思える僕は変ですかね?


僕はいわゆる「霊」とか「占い」というのを信じていません。

したがってスピリチュアル・細木系はあまり好きではないのですが(美輪さんは何故か好きですが)、世の中ではけっこう流行っていますよね。

友人の女の子もスピリチュアルさんが好きで、会うたびに「そんなこと言わずに一回サイト見てみなよ!考え方変わるからさー。」と言ってきます。

あまりにしつこいので一度家で見てみたのですが、そのサイトを開いたとたんいきなりスピリチュアルさんが喋りだしたので僕は一瞬ウイルスに汚染されたのかと思いましたびっくりしました。

すぐさまCtrl+Wを押し、事なきを得ました。


しかしそんなスピリチュアルとか占いを信じない僕にも、一度そっち系の道に走りかけてしまった経験があります。

たしかまだ中学に入学して間もない頃、学校の帰宅途中の道にスケベ雑誌が落ちていたということがありました。

当時盛りだった僕は辺りを見渡して誰もいないことを確認すると、すかさず拾ってもの影に隠れ読み始めました。

そして「うっほw」「えっろw」など呟きながらニヤニヤ読み進めていると、その雑誌の一コーナーにある興味深い見出しを見つけました。

それは「もてる男になるための呪文」というもの。

なんでも気になる女の子に向かってその呪文を唱えれば、一気に親密になれるとのこと。

今思うとギャグでしかないのですが、当時うぶだった僕は「これだっ!」と真剣に捉えてしまいその記事だけ切り取って持ち帰ってしまいました。

そして次の日学校で。。。


たららららららー♪(敵に遭遇した音)

クラス一の美少女、長津田さん(仮名)があらわれた。

しかし、長津田さんはまだこちらに気付いていない。

パピィは今がチャンスとばかりにもてる呪文を唱えた。

「マリリアール・モンデンシャララ・アンディット・ソワカ!」

しかし何も起こらなかった。

長津田さんはまだこちらに気付いていない。

パピィはもう一度もてる呪文を唱えた。

「マリリアール・モンデンシャララ・アンディット・ソワカ!」

しかし何も起こらなかった。

パピィはもう一度・・・しかしそこに友人の山田があらわれた。

山田の攻撃。

「なーなーパピィ、便低やろうぜ!」
(注)便低とはじゃんけんに負けた男子が両手両足を持たれて便所の地面すれすれに低空飛行させられるという何の生産性も持たない遊びのこと。

パピィは10のうざいダメージを受けた。

パピィの反撃。

「うっせーな、今それどころじゃないからあっちいけよ。」

しかし、山田にはきかなかった。

山田の攻撃。

「いいじゃんいいじゃん、はい、じゃーんけーんポイ」

パピィは5のうざいダメージを受けた。

パピィの反撃。

「んとじゃまだな、そらっ(グーを出す)」

しかし、山田にはきかなかった。

山田の攻撃。

「あー!パピィの負けー!!」

山田は仲間を呼んだ。友人A、友人B、友人Cがあらわれた。

パピィは気が動転した。

パピィはメガンテを唱えた。

「っと何だよおめーら!!先生に言いつけるぞ!!せんせーー!!!」

しかしMPが足りない(先生はいなかった・・・)。

山田+友人ABCはミナデインを唱えた。

「便低ターーーーーイム!!!!」

パピィは110のうざいダメージを受けた。

しかも抗った罰として便所に落とされてしまった。

パピィは死んでしまった。

パピィは以後一切呪文だとか怪しいことに興味がなくなった。


じゃあまた、パピィより。

banner.gif
↑押してももてるようにはなりませんのであしからず。。。
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

腐ったミカンを地で行くいたずらっ子な少年

こんにちは、パピィです。

そろそろミカンの季節になってきましたね。

今日はミカンにまつわる思い出を語ろうと思います。


子供の頃、僕はちょっぴりいたずらっ子でした。(参照:コレとかコレとか)

中学時代の通学路に所有者不明のミカン畑があり、僕や友人たちは学校帰りによくそこのミカンを食べていました。

一時期あまりにも食べ過ぎて手が真っ黄色になってしまい、学校では「イエローモンキーズ」だの「ミカン星人2」だのからかわれていました。

僕もその黄色っぷりをネタにして、体育でサッカーの審判をやっていたとき「イエローカード!」と言いながら手を見せていました。

全くウケませんでした。


中間テストの前に友人宅で勉強会を開いたときも、大量のミカンを持っておじゃましました。

そしてゲームの合間にミカンを食べたり、ミカンの合間に漫画を読んだり、漫画の合間に勉強をしたりして、最終的には何故か窓からミカンの皮をみんなで投げていました(友達の家はアパートの5階です)。

主に公園でまったりしている高校生カップルに投げて楽しんでいたのですが、案の定その辺にいたおばさんに「こらーあんた達何やってんの!」と怒られてしまいました。

僕らはそれで素直に止めようとしたのですが、お調子者の細川君(仮名)が「撤回を要求する!撤回を要求する!」と当時流行っていたドラマの台詞を考えなしに叫んでしまい、事態をややこしくしてしまいました。

当然おばさんは激怒し直接家に抗議をしに来ました。

しかしその友人の親がいなかったこともあって、僕らはバレバレの居留守を決め込みおばさんを撃退しました。

僕らはこの自分でまいた種試練を乗り越えたことに興奮し、大喜びをしました。

しかし、後日しっかりと町内の回覧板に載っており、いろいろな人に叱られました。


また丁度その時期、学校では「恵まれないネパールの子供たちに物資を送ろう」というイベントを行っていました。

皆いらなくなった衣類や鉛筆などを持ってきて、教室の後ろにあるネパール行きダンボール箱の中に入れていました。

僕らも最初のうちは真面目にそのイベントに参加していたのですが、そのうち誰かが「ミカン・・・入れない!?」と言い出しました。

僕らはさすがに「それはまずいだろー」「ネパールに失礼だろー」と言っていたのですが、次の日の朝には皆しっかりミカンを持ってきて、ダンボールの底一面が黄色一色になるぐらいミカンを詰め込んでゲラゲラ笑っていました。


そしてその日の帰りのホームルーム。

普段あまり怒らない体育系の担任が、今にも人を殺しかねない形相で教室に入ってきました。

そしてボソッと「・・・ミカンをダンボールに入れたやつ誰だ。」と、物凄いドスのきいた声で話し始めました。

皆瞬時に担任の怒りの深さ(半年に1回あるか程度)を感じ、一気にクラスの中がシーンとなりました。

僕の胃もこりゃやばいことになったとキリキリし始めていました。

「・・・もう一度言う。ミカンをダンボールに入れたやつは誰だ。」

さらに追求してくる先生。

もうほとんどの生徒が下を向き、一刻も早くこのテポドンが去ってくれるのを待つといった状態になっていました。

しかし、そんな中突然後ろの席から静寂を破る一つの声が聞こえました。

「撤回を要求する!撤回を要求する!」

そうです。先ほどのミカン投げのエピソードにも出てきたお調子者の細川君です。

僕以上に空気の読めない彼は、いつもの調子でギャグを飛ばしてしまったのです。

思わず固まる僕ら。

一瞬にしてもう限界ってくらい引きしまる空気。

何も考えていない細川君。

そして、先生の雄叫び。

「男子全員廊下出ろぉぉおおっっーー!!!!」


廊下に並ぶクラスの男子全員。事件に関係のない男子の「何で俺らまで・・・」という刺すような視線がつらい。

先生の一言。

「・・・関係ないやつは教室戻れ。」

ぞろぞろ教室に戻り、取り残される僕ら5人。

そして先生が一番手前側の生徒に近付き、
「おい・・・お前なにやったかわかってんのか」と言いながらこめかみを思いっきり鉄ビシ(グーにしたとき中指だけ出す握りこぶしのこと)で殴りました。

「ぐっ・・・」あまりの痛さに思わずうずくまる友人。

そして「なにミカンなんかいれてんだ?あっ?」と2番目の生徒(僕)に鉄ビシ。

さらに「お前このネパールへのボランティアを何だと思っているんだ?」「お前ら片山(クラスの女子)のリコーダーも入れてたよな?あっ?」と言いながら次々に鉄ビシをかましていきます。

そして最後に残った細川君。

「お前・・・さっき撤回がどうとかいってたな?・・・ありゃなんだ?」

あまりの恐ろしさに思わず黙り込む細川君。

「んあ?黙ってちゃわからんだろ?何か行ったらどうだ・・・?」さらに追求する先生。

覚悟を決めたのか細川君、ついに口を開く。

「え、えっと・・その・・つ、つまり・・ミカンの撤回を要求するっていう意味なんで・・・」

「お前がミカン入れたんだろうがぁあっー!!!」

とまだ言い終わらないうちに先生に遮られ、左右両方のこめかみに鉄ビシをくらっていました。

「あsdfg・・・」と声にならない悲鳴をあげて倒れこむ細川君。


その後僕らは5人そろって仲良く図書室で反省文、親の呼び出し、家でも怒られるとお決まりの3連コンボをくらいました。

また今後一切そのミカン畑には近づかないと約束もさせられました。


大人になった今言わせてください。ボランティアに携わった皆さん、そしてリコーダーがネパール行きになりかけてしまった片山さん、本当にすいませんでした。


そんな10月のミカンのような甘酸っぱい思い出。

じゃあまた、パピィより。
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 01:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 僕はいたずらっ子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

水泳、ラフ、長澤まさみ。

こんにちは、パピィです。

先日、元水泳部の友人に誘われて久々にプールに行きました。

そのプールはこの夏公開された映画「ラフ」のロケ地ともなった場所で、50mプールありーの、飛び込み台ありーのと非常に本格的な造りになっていました。

泳ぎに来る人も本気の人が多いらしく、普通の海水パンツはあまりよろしくないとのことで友人に競泳パンツを借りました。

こういう体のラインがモッコリピッタリでるような水泳パンツは高校以来なので、履く前は恥ずかしさから少し抵抗がありました。

しかしいざ履いてみるとこの履き心地っていうんですか、フィット感っていうんですか、これが新しく買ったタンスが元あったタンスの場所に寸分の狂いもなく収まった時の感じ、あるいは元カノにプレゼントしそこねた指輪が偶然にも今カノにピッタリだった時の感じに非常に似ていて、とてもテンションが上がりました。

そしてそのまま更衣室を飛び出してプールに向かいました。

あの天使のような超イケ女優「長澤まさみ」も入ったであろう伝説のプールへ・・・ウホ!


しかしそんな僕の目に飛び込んできたのは「ガッハハー!ガハハー!グフッフー!」と大笑いしながらプールでウォーキングをしていた太目のおば様5人組でした。

僕はイメージしていたエンジェル長澤とのギャップに混乱してしまい、思わずスキップをしてしまいました。

それは「超かっこいいモデル並の男の子(女の子)くるから!」と散々言われ思いっきり期待して行った合コンにそれと真逆の子が来てしまった時の感覚、つまり脳が反転して逆に気持ちよくなっちゃって楽しくなっちゃった時の感覚に似ていました。


気を取り直して泳いだのですが、久しぶりということもあってか5、600mも泳がないうちにバテバテになってしまいました(ちなみに友達は3000m泳いでた・・・)。

クロールと平泳ぎだけで精一杯になってしまい、サマーランドの流れるプールでカップルや家族連れの白い目に耐えてバシャコンバシャコン練習したバタフライは陽の目を見ることはありませんでした。

結局大半の時間を僕はプールサイドのベンチで「何故映画のタイトルはラフっていうんだろう?」などどうでもいいようなことを朦朧とした意識で考えながら過ごしました。

しかしそれも「この借りたパンツは友達が昔むさぼるように履いていたパンツなんだよなー。」という考えに支配され、どうでもよくなりました。


とまあいろいろありましたが、ものすごい楽しかったです。

また誘ってね☆

じゃあまた、パピィより。
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 00:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。