2005年08月11日

ネタ振り世界陸上!・・・突っ込みきれません

こんにちは、パピィです。

世界陸上盛り上がっていますね。

皆様も寝不足になっているのではないでしょうか。



今年もメインキャスターは織田裕二さんです。

「踊る大捜査線」で見せる青島刑事とは一転して、世界陸上ではとても熱いキャラクターになっています。

賛否両論ありますが、僕は一生懸命なのはよいと思います。



が、



「事件は会議室で起こっているんじゃない、現場で起こっているんだ!」

青島刑事の有名な台詞です。



「世界陸上はスタジオで起こっているんじゃない、ヘルシンキで起こっているんだ!」

織田さんに突っ込みたい方も多いのではないでしょうか。



短距離走の末續選手、今回の注目選手の一人です。

最近では「マッハ末續」というキャッチコピーが、テレビで使われています。

他の選手にもキャッチコピーがあるのかココで調べてみたところ、日本人の全選手と海外の有力選手にも付けられていました。

いくつか紹介したいと思います。



「ラストサムライ」為末大選手(日) 400mH

今後も400mHの選手は出てきます。勝手に終わらせないで下さい。



「天然系仰天スプリンター」キム・コリンズ選手(セントクリストファーネービス) 100,200m

トラックを逆走したりするのでしょうか。



「ハードルなぎ倒し男」アレン・ジョンソン選手(米) 110mH

これは嫌味でしょうか。



「100万ドルで国籍を売った男」 サイフ・サイード・シャヒーン(カタール) 3000mSC

余計なお世話です。



「黒船ハードラー」 ミッシェル・ペリー(米) 100mH

ペリーと言ったら黒船、という安易なマジカルバナナは止めてください。



これ以外にもネタとしか思えないようなキャッチコピーが沢山あります。

皆様も探してみてはいかがでしょう。



「ブロンドのぶっとび娘」 カロリナ・クリュフト(スウェーデン) 七種

もっと他に表現は無かったのでしょうか。



じゃあまた、パピィより。

banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 02:04| Comment(8) | TrackBack(0) | 観たこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。