2006年01月05日

皆様にとって2006年がよい年でありますように

こんにちは、パピィです。

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

さようなら2005、おいでませ2006。


年明け恒例の行事は数あれど、まず初めにすることは家のポストから年賀状を取り出す作業なのではないでしょうか。

今年は戌年ということで、やはり犬の絵が描いてある年賀状がほとんどでした。

僕はハガキではなくメールで済ませたのですが、ウケを狙って「今年は戌年!」という一文の後にの絵文字を挿入しました。

全ての人がノーリアクションでした。

僕は、ダチョウ倶楽部の上島さんが熱いおでんを食べたときのリアクションを真顔で観ていた女子アナウンサーを思い出しました。


また正月と言えば箱根駅伝。

今年も亜細亜大学の優勝など数々のドラマが生まれましたね。

ただ毎年気になるのが、選手が走っている横を併走している観客がいることです。

彼らは何がしたいのでしょう。

僕は、高校の頃「テレビに映りたい!」と言って夏休みに一週間連続正午に新宿アルタ前でスタンバイしていた友人を思い出しました。


また正月といえばお餅。

そして、今年もお餅を喉に詰まらせて亡くなられた方が大勢いると報道されていました。

悲しいですよね。

ただ以前僕の祖母が「喉に餅を詰まらせて死ぬなんて、幸せな死に方じゃわいな」と呟いていました。

当時は「えぇ!どこがだよ」と思っていた僕ですが、今は少しだけわかる気がします。

とても深い言葉ですよね。

僕は、カツラを被っていた中学校3年生の時の担任が、非常訓練でヘルメットを被るときに「もう被ってるじゃん」とボソッと呟いた図書委員の女の子を思い出しました。


2006年も適度に頑張ってブログを更新したいと思うので、今年もよろしくお願いします。

じゃあまた、パピィより。

読み終わったら一票お願いします。→banner.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。