2006年01月30日

校内合宿で肝試し!ウホッ

こんにちは、パピィです。

お久しぶりです。


最近は卒業のためにしなければならないことがあり、学校に泊まることが多くなっています。

思えば、学校に泊まるなんて小学5年生の時の「校内合宿」以来です。

体育館一杯に敷き詰められた布団に、150人近くの子供たちが我先にと飛びつくさまは圧巻でした。

僕はというと、我先にと布団に飛びつく振りをしながら、実は好きな子の隣になることだけを考えていました。

謝罪します。


また校内合宿のイベントの一つに、「肝試し」がありました。

誰もいない校舎を男女混合4人グループで徘徊し、3階のとある教室に証明書を置いて行くという内容でした。

当時強がっていた僕は、内心ビビりまくりの心境を隠し、こんなの怖くないぜ的な態度で肝試しに望みました。

「ほらっ、早く来いよ!おっせーなー」とリーダー面して歩いていた僕の目は半目でした。

半目でしばらく歩いていると、目的の教室が見えてきました。

皆がホッと安堵の表情を浮かべているところに、いきなり馬が飛び出してきました。

いや、それは馬のお面をかぶった脅かし役の先生でした。

僕は突然のことに面食らってしまい、思わず「ギャーース!!」と叫んでその場に尻餅をついてしまいました。

他のメンバーは「キャー」「ワー」と叫びながら、遠くに逃げていってしまいました。

僕は再び「ギャーース!!」と叫びました。

すると、馬がお面を外して先生になり「そんなに驚かなくても・・・」と言いました。

僕は赤面しました。

が、時すでに遅く学年中に「パピィはビビり」という事実を知られてしまいました。

そして、「あ、ビビりだ」など盛んにからかわれるようになりました。

僕はその度に「違う!ビビりじゃない!」と言い返していましたが、全くもってビビりでした。

そんな悲しい思い出の残る「校内合宿」。

じゃあまた、パピィより。

駄菓子感覚で、ボタンを押してください。
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 15:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 思い出したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。