2006年10月20日

腐ったミカンを地で行くいたずらっ子な少年

こんにちは、パピィです。

そろそろミカンの季節になってきましたね。

今日はミカンにまつわる思い出を語ろうと思います。


子供の頃、僕はちょっぴりいたずらっ子でした。(参照:コレとかコレとか)

中学時代の通学路に所有者不明のミカン畑があり、僕や友人たちは学校帰りによくそこのミカンを食べていました。

一時期あまりにも食べ過ぎて手が真っ黄色になってしまい、学校では「イエローモンキーズ」だの「ミカン星人2」だのからかわれていました。

僕もその黄色っぷりをネタにして、体育でサッカーの審判をやっていたとき「イエローカード!」と言いながら手を見せていました。

全くウケませんでした。


中間テストの前に友人宅で勉強会を開いたときも、大量のミカンを持っておじゃましました。

そしてゲームの合間にミカンを食べたり、ミカンの合間に漫画を読んだり、漫画の合間に勉強をしたりして、最終的には何故か窓からミカンの皮をみんなで投げていました(友達の家はアパートの5階です)。

主に公園でまったりしている高校生カップルに投げて楽しんでいたのですが、案の定その辺にいたおばさんに「こらーあんた達何やってんの!」と怒られてしまいました。

僕らはそれで素直に止めようとしたのですが、お調子者の細川君(仮名)が「撤回を要求する!撤回を要求する!」と当時流行っていたドラマの台詞を考えなしに叫んでしまい、事態をややこしくしてしまいました。

当然おばさんは激怒し直接家に抗議をしに来ました。

しかしその友人の親がいなかったこともあって、僕らはバレバレの居留守を決め込みおばさんを撃退しました。

僕らはこの自分でまいた種試練を乗り越えたことに興奮し、大喜びをしました。

しかし、後日しっかりと町内の回覧板に載っており、いろいろな人に叱られました。


また丁度その時期、学校では「恵まれないネパールの子供たちに物資を送ろう」というイベントを行っていました。

皆いらなくなった衣類や鉛筆などを持ってきて、教室の後ろにあるネパール行きダンボール箱の中に入れていました。

僕らも最初のうちは真面目にそのイベントに参加していたのですが、そのうち誰かが「ミカン・・・入れない!?」と言い出しました。

僕らはさすがに「それはまずいだろー」「ネパールに失礼だろー」と言っていたのですが、次の日の朝には皆しっかりミカンを持ってきて、ダンボールの底一面が黄色一色になるぐらいミカンを詰め込んでゲラゲラ笑っていました。


そしてその日の帰りのホームルーム。

普段あまり怒らない体育系の担任が、今にも人を殺しかねない形相で教室に入ってきました。

そしてボソッと「・・・ミカンをダンボールに入れたやつ誰だ。」と、物凄いドスのきいた声で話し始めました。

皆瞬時に担任の怒りの深さ(半年に1回あるか程度)を感じ、一気にクラスの中がシーンとなりました。

僕の胃もこりゃやばいことになったとキリキリし始めていました。

「・・・もう一度言う。ミカンをダンボールに入れたやつは誰だ。」

さらに追求してくる先生。

もうほとんどの生徒が下を向き、一刻も早くこのテポドンが去ってくれるのを待つといった状態になっていました。

しかし、そんな中突然後ろの席から静寂を破る一つの声が聞こえました。

「撤回を要求する!撤回を要求する!」

そうです。先ほどのミカン投げのエピソードにも出てきたお調子者の細川君です。

僕以上に空気の読めない彼は、いつもの調子でギャグを飛ばしてしまったのです。

思わず固まる僕ら。

一瞬にしてもう限界ってくらい引きしまる空気。

何も考えていない細川君。

そして、先生の雄叫び。

「男子全員廊下出ろぉぉおおっっーー!!!!」


廊下に並ぶクラスの男子全員。事件に関係のない男子の「何で俺らまで・・・」という刺すような視線がつらい。

先生の一言。

「・・・関係ないやつは教室戻れ。」

ぞろぞろ教室に戻り、取り残される僕ら5人。

そして先生が一番手前側の生徒に近付き、
「おい・・・お前なにやったかわかってんのか」と言いながらこめかみを思いっきり鉄ビシ(グーにしたとき中指だけ出す握りこぶしのこと)で殴りました。

「ぐっ・・・」あまりの痛さに思わずうずくまる友人。

そして「なにミカンなんかいれてんだ?あっ?」と2番目の生徒(僕)に鉄ビシ。

さらに「お前このネパールへのボランティアを何だと思っているんだ?」「お前ら片山(クラスの女子)のリコーダーも入れてたよな?あっ?」と言いながら次々に鉄ビシをかましていきます。

そして最後に残った細川君。

「お前・・・さっき撤回がどうとかいってたな?・・・ありゃなんだ?」

あまりの恐ろしさに思わず黙り込む細川君。

「んあ?黙ってちゃわからんだろ?何か行ったらどうだ・・・?」さらに追求する先生。

覚悟を決めたのか細川君、ついに口を開く。

「え、えっと・・その・・つ、つまり・・ミカンの撤回を要求するっていう意味なんで・・・」

「お前がミカン入れたんだろうがぁあっー!!!」

とまだ言い終わらないうちに先生に遮られ、左右両方のこめかみに鉄ビシをくらっていました。

「あsdfg・・・」と声にならない悲鳴をあげて倒れこむ細川君。


その後僕らは5人そろって仲良く図書室で反省文、親の呼び出し、家でも怒られるとお決まりの3連コンボをくらいました。

また今後一切そのミカン畑には近づかないと約束もさせられました。


大人になった今言わせてください。ボランティアに携わった皆さん、そしてリコーダーがネパール行きになりかけてしまった片山さん、本当にすいませんでした。


そんな10月のミカンのような甘酸っぱい思い出。

じゃあまた、パピィより。
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 01:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 僕はいたずらっ子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

水泳、ラフ、長澤まさみ。

こんにちは、パピィです。

先日、元水泳部の友人に誘われて久々にプールに行きました。

そのプールはこの夏公開された映画「ラフ」のロケ地ともなった場所で、50mプールありーの、飛び込み台ありーのと非常に本格的な造りになっていました。

泳ぎに来る人も本気の人が多いらしく、普通の海水パンツはあまりよろしくないとのことで友人に競泳パンツを借りました。

こういう体のラインがモッコリピッタリでるような水泳パンツは高校以来なので、履く前は恥ずかしさから少し抵抗がありました。

しかしいざ履いてみるとこの履き心地っていうんですか、フィット感っていうんですか、これが新しく買ったタンスが元あったタンスの場所に寸分の狂いもなく収まった時の感じ、あるいは元カノにプレゼントしそこねた指輪が偶然にも今カノにピッタリだった時の感じに非常に似ていて、とてもテンションが上がりました。

そしてそのまま更衣室を飛び出してプールに向かいました。

あの天使のような超イケ女優「長澤まさみ」も入ったであろう伝説のプールへ・・・ウホ!


しかしそんな僕の目に飛び込んできたのは「ガッハハー!ガハハー!グフッフー!」と大笑いしながらプールでウォーキングをしていた太目のおば様5人組でした。

僕はイメージしていたエンジェル長澤とのギャップに混乱してしまい、思わずスキップをしてしまいました。

それは「超かっこいいモデル並の男の子(女の子)くるから!」と散々言われ思いっきり期待して行った合コンにそれと真逆の子が来てしまった時の感覚、つまり脳が反転して逆に気持ちよくなっちゃって楽しくなっちゃった時の感覚に似ていました。


気を取り直して泳いだのですが、久しぶりということもあってか5、600mも泳がないうちにバテバテになってしまいました(ちなみに友達は3000m泳いでた・・・)。

クロールと平泳ぎだけで精一杯になってしまい、サマーランドの流れるプールでカップルや家族連れの白い目に耐えてバシャコンバシャコン練習したバタフライは陽の目を見ることはありませんでした。

結局大半の時間を僕はプールサイドのベンチで「何故映画のタイトルはラフっていうんだろう?」などどうでもいいようなことを朦朧とした意識で考えながら過ごしました。

しかしそれも「この借りたパンツは友達が昔むさぼるように履いていたパンツなんだよなー。」という考えに支配され、どうでもよくなりました。


とまあいろいろありましたが、ものすごい楽しかったです。

また誘ってね☆

じゃあまた、パピィより。
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 00:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

風の強い日

こんにちは、パピィです。

やたら風の強い日が続きますね。


僕は風が好きです。

春のそよ風、夏の夜風、秋の松風、冬の北風。

季節を感じさせてくれる風を僕は好きです。

風が強い日も好きです。

嫌なことがあっても、強い風の中に立っているとそういった感情を吹き飛ばしてくれる気がします。

テストの結果が悪かったときも、風に当たってリフレッシュをしてそのテスト用紙を風の中に放り投げたりしていました。

しかしその夜は誰かに拾われてそれをネタに強請られたらどうしようと、幼心にもドキドキしてあまり寝られませんでした。

風を使うキャラも好きです。

幽遊白書では陣が好きでした。

子供の頃は「修羅旋風拳」と言いながら友達の耳にそっと息を吹きかけていました。

友達はくすぐったそうに「このやろ〜(笑」と言いながら本気で顔をビンタしてきました。

いい思い出です。

しかし本当に好きなのは戸愚炉兄でした。

好きすぎて「クククッ・・・擬態だよ。」「クククッ・・・解剖前の蛙に等しい分際で笑わせるな。」など普通に生きて行く限り決して使うことのないであろう台詞を小5にして既に口にしていました。

また手を挙げるときも、他の生徒は「はい!はい!」と言いながら腕をピンと伸ばして手を挙げているのに対し、僕は「ひょう!ひょう!」と言いながら腕をだらしなく曲げ指を中途半端に折って手を挙げていました。

どう見てもガチョーンです。本当にありがとうございました。


僕は風が好きです。

風は好きでも空気は読めません。


ひゅー へっくしゅ!


じゃあまた、パピィより。
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

YATTA!YATTA!

こんにちは、パピィです。

先日、真っ白に染まったスケジュール帳の合間を縫ってネットサーフィンをしていたところ興味深い記事を見つけました。

その記事によると、最近(けっこう前から?)はっぱ隊の「YATTA!」が世界で注目されているとのことです。

はっぱ隊とは昔放送されていた人気番組「笑う犬の冒険」から誕生したユニットのことで、メンバーであるナンちゃんやネプチューンらが葉っぱを一枚だけ身に付けてヤッタ!ヤッタ!と踊りまわる大変愉快な茶番です。

コンセプトは日常のささいな喜び‐息が吸えること、息が吐けること、葉っぱ一枚あれば生きていけること‐に焦点を当て、皆でその喜びを分かち合おうということだと思います。

確かに今の便利な世の中では、僕たちはそういった喜びを当たり前のように享受していて感謝の気持ちを忘れている気がします。

僕らが普段何気なく着ているうさぎさんの刺繍が入ったトレーナーも、それを作って下さる人がいるから着られるのであって、もし誰も作ってくれないのなら素っ裸で過ごさなくてはなりません。

そうなるとどうなりますか?

そうです、叶姉妹の姉になる逮捕されてしまいますよね。

だから僕らも服を着るときには「裸じゃなくてYATTA!」と感謝しながら着るべきではないでしょうか。


見てください、この外国の方たちの気だるそうな幸せそうな顔

きっと彼らも喜んでいるのでしょうね。

朝目が覚めたら小鳥が鳴いていることに。

太陽が今日も昇っていることに。

今この一瞬を精一杯生きていることに。

この喜びをYATTA!で表せることに。

それを何故か動画で撮っていることに。

その動画を何故か全世界に向けて発信していることに。

それが何故か日本のあるしょーもないブログでネタにされていることに。


じゃあまた、パピィより。
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 01:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

別に酔っているわけではありません。たまにはこういうのも書きたくなるんです。

こんにちは、パピィです。

また一週間が始まりましたね。

ブルーマンデー症候群という言葉がある通り、大抵の人は月曜日が嫌いなのではないでしょうか。

もちろん僕も嫌いなのですが、月曜日の全てが嫌いなわけではありません。

好きな面もあるのです。

何故なら・・・『週刊少年ジャンプ』の発売日だから!

皆様は『週刊少年ジャンプ』を知っていますか?

「うん、もちろん知ってるよ!僕も毎週池袋の乙女ロードにあるK-BOOKSで買ってるもんね!毎週いい男たちが登場してさ、ゴムゴムの・・・とかムチムチの・・・とか言って盛り上がってるよね!」

ちょっとあなた誰ですかいきなり。しかも、それ多分違う雑誌ですよね。

「え、違くないよー!だっていい男たちがいっぱい出ている漫画雑誌でしょ?今週だって忍者のコスプレをしてるいい男が影で縛りあったり、死神のコスプレをしているいい男たちがお茶しながら恋を語りあってたじゃん!」

すいません、そこまで詳しくまだ読んでないんですが・・・。

「えー、ありえない!僕なんて毎週月曜日の午前1時からK-BOOKSの前で並んでいるんだよ!誰よりも早く、誰よりもじっくり読むためにね。実際はK-BOOKSが開くまで僕以外誰も並ばないんだから、そんなに早くからいる必要ないだろって言う人もいるけどさ、そういう問題じゃないんだよね!皆だって大好きな『涼宮ハルヒの憂鬱』が放送される日は、始まる2時間前からTVの前に正座していただろ?それといっしょだよ!」

すいません、もう何を言ってるかサッパリわからないのですが。そもそも涼宮ハルヒって何ですか?

「あひゃー!ジャンプを読んでて涼宮ハルヒを知らないなんて、宮崎駿監督作品なのに実際は奈良の引越しおばさんがその作品を監督していて、なおかつ引越しもしていたって言ってるようなものだよ!笑えないギャグだよね!君もさ、もうちょっと世間のことを知ったほうがいいんじゃないかな?いつまでも小泉じゃないんだよ?時代は森でしょ森!」

すいません、それ時代遡ってませんか?今は安倍ですよね。

「・・・何で君はあーいえばじょーゆう、じょーゆうはサカナ君似なの!?木は植えれば林になり林はやがて森になる。森は僕らのラプソディーでしょ!?これが言いたかったの!もーこれ以上話していても時間の無駄だから、もうこれでお終いね!」

すいません、でも最後にいいですか。結局『週刊少年ジャンプ』って何ですか?

「もう・・・魔界のゴキブリ並にしつこいな!これで本当に最後だからね。『週刊少年ジャンプ』・・・それはとどのつまりBLでしょ!?ボーイズラブ!ボーイズビー!ビーアンビシャス!」

なるほど、ありがとうございました。


すいません、ジャンプの話をしたかったのに余計な邪魔が入ってしまいできませんでした。

ジャンプの話はいずれまた。


じゃあまた、パピィより。
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 02:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

Suicaで行こう!そうしよう!

こんにちは、パピィです。

最近生まれて初めてスイカを使いました。

違います、ドッチボールをする方のスイカではありません。

JRの改札で使うSuicaのことです。

使う前は「本当にコレをタッチするだけでゴーできるのだろうか。」「タッチは一瞬でいいのか、2,3秒押し付けるのか。」「駅員のおでこにタッチするのだっけか。」などいろいろ心配だったのですが、全て杞憂に終わりました。


いや、それにしてもSuicaは磁気定期券より楽で良いですね。

左利きの友人もSuicaにしてからは使い慣れない右手でも簡単に改札を通れると喜んでいました。

そして何よりあのタッチするときの快感。

Suicaをタッチして改札のドアが開く瞬間、それはまるで水戸黄門が印籠を出して悪をひれ伏す瞬間に似ていますよね。

もし僕がSuicaを使っているところを見たならば、きっと後ろにかくさんすけさんの幻も見えることでしょう。

一度あまりにも水戸黄門ワールドに入り込んでしまい、改札口で駅員さんに「控えよ控えよ!この紋所が目に入らぬか!」と言ってSuicaを見せてしまったことがあります。

駅員さんは「それSuicaですよ。」と優しく現実に引き戻してくれました。


また僕はけっこう強めにSuicaをタッチするのですが、この動作が昔やったある遊びに非常に酷似しているのです。

男性の方はわかりますよね?

そう、メンコです。

町内の友達と放課後日が暮れるまで遊び通したメンコです。

2枚のメンコの間にこっそり鉄板を入れて強くしたり、自分より弱い奴しか相手にしなかったり、負けそうになるとありとあらゆるイチャモンをつけてその勝負を無効にしようとしたりと誰もが勝つためには手段を厭わなかった、まるで現代社会の縮図のようなあのメンコです。

懐かしいですよね。

おそらく男性Suicaユーザーのほとんどがメンコを意識して改札を通っていると思いますので、近い将来改札口付近にメンコ広場が出来るかもしれないですね。

改札口を通った見知らぬ男性同士がアイコンタクトで『やらないか?』と合図を送り、メンコ広場でメンコをする時代。

どうですか、皆さん?


鬱陶しいですか、そうですか。

じゃあまた、パピィより。


何気に順位上がっています。サンキュー!
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。