2005年12月31日

僕は毎年必ず大晦日にしていることがある(Lies and Truth)

こんにちは、パピィです。

今年も残すところあと一日になりました。

大掃除は終わりましたでしょうか。


僕は毎年必ず大晦日にしていることがあります。

それは、この一年間に新しく出会った人を思い浮かべることです。


何故そんなことをするのか。

僕は人間というのは誰かに出会えば出会うほど成長できるものだと思っています。

だから新しい人との出会いに感謝を込めて、思い浮かべさせて頂くのです。

「あの人と飲んだ真夏のある日、楽しかったなー。」

「あの人と勉強を共にした数ヶ月、楽しかったなー。」

「あの人と働いたあの夜、楽しかったなー。」

「あの人に貸した5000円、返してもらってないな。」

さまざまな思い出が蘇ってきます。


先日ある友人にこの話をしたところ「ちょっとキモくね?」と言われました。


一理ありますね。



では、皆様もよいお年をお迎え下さいませ。

そして2006年も「パピィの観て、聴いて、以下省略コラム」をよろしくお願いします。

じゃあまた、パピィより。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。