2006年05月21日

ぶっ飛ばせ、五月病。

こんにちは、パピィです。

しばらく間が空いてしまいました。

駄文を書くのが大好きな僕なのですが、最近は中々やる気が起きなかったのです。

これが俗にいう五月病なのでしょうか。

友人に「最近やる気でないんだよなー。これって五月病かな?」と問いかけてみたところ、「貴様のそれはただの怠慢だ。」と、まるで石原都知事にくだらない質問をした朝日新聞の記者のようにバッサリと切り捨てられました。


しかし図星です。


そもそも何故五月病という言葉があるのでしょうか。

Wikipediaによると「4月には新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月の連休明けに起こることが多いことからこの名称がある。」のだそうです。

つまりやる気や期待感の空回りが、GW明けの休日の無い現実と相まって起こる症状のようですね。

これは非常に共感できます。

僕も久しぶりのコンパで張り切り過ぎて、うっかり2次会のカラオケでふんどし一丁になってしまい、後日女の子にメールを送って誰からも返信がなかった時に似たような症状になりました。

「えーでもさでもさ、別にふんどしにならなかったとしても、モテないことには変わらなくない?」


50722_n03.gif


このようにやっかいな五月病ですが、何も暦の冠のつく病気が五月病だけじゃなくてもいいんじゃない、と思いませんか。

例えば夏休み明けの小・中・高校生に現れる、気だるさと鬱陶しさと体育祭のおかけで授業が半減する嬉しさが織り交じった症状、九月病。

日曜の午後、家のガラス越しに見えるやまない雨を肴にアフタヌーンティーを飲み「はぁ〜。」とため息をつきたくなる、アンニュイな六月病。

月半ばのある日を境に勝ち組・負け組みがはっきり分かれ、勝ち組はハッピー、負け組みは「俺は甘いもの嫌いだから」と誰も聞いていないのに自然と言い訳が出てしまう、残酷な二月病。

特に最後のは毎年僕もかかりますね。


皆様は何月病ですか?

じゃあまた、パピィより。
banner.gif
↑ランキングも五月病のようです。
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 01:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ザビエル病
Posted by Eby at 2006年05月21日 03:47
偏愛病。
………ちなみに、6月にもなってないのに…6月病……。
Posted by 東京ディズニーランドの真実を見てしまった子供。 at 2006年05月23日 02:15
>Ebyさん
僕もです。合掌。

>東京ディズニーランドの真実を見てしまった子供。さん
初コメあざっす!
じゃあ、6月になったら7月気分ですね☆
Posted by パピィ at 2006年05月23日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。