2006年10月20日

腐ったミカンを地で行くいたずらっ子な少年

こんにちは、パピィです。

そろそろミカンの季節になってきましたね。

今日はミカンにまつわる思い出を語ろうと思います。


子供の頃、僕はちょっぴりいたずらっ子でした。(参照:コレとかコレとか)

中学時代の通学路に所有者不明のミカン畑があり、僕や友人たちは学校帰りによくそこのミカンを食べていました。

一時期あまりにも食べ過ぎて手が真っ黄色になってしまい、学校では「イエローモンキーズ」だの「ミカン星人2」だのからかわれていました。

僕もその黄色っぷりをネタにして、体育でサッカーの審判をやっていたとき「イエローカード!」と言いながら手を見せていました。

全くウケませんでした。


中間テストの前に友人宅で勉強会を開いたときも、大量のミカンを持っておじゃましました。

そしてゲームの合間にミカンを食べたり、ミカンの合間に漫画を読んだり、漫画の合間に勉強をしたりして、最終的には何故か窓からミカンの皮をみんなで投げていました(友達の家はアパートの5階です)。

主に公園でまったりしている高校生カップルに投げて楽しんでいたのですが、案の定その辺にいたおばさんに「こらーあんた達何やってんの!」と怒られてしまいました。

僕らはそれで素直に止めようとしたのですが、お調子者の細川君(仮名)が「撤回を要求する!撤回を要求する!」と当時流行っていたドラマの台詞を考えなしに叫んでしまい、事態をややこしくしてしまいました。

当然おばさんは激怒し直接家に抗議をしに来ました。

しかしその友人の親がいなかったこともあって、僕らはバレバレの居留守を決め込みおばさんを撃退しました。

僕らはこの自分でまいた種試練を乗り越えたことに興奮し、大喜びをしました。

しかし、後日しっかりと町内の回覧板に載っており、いろいろな人に叱られました。


また丁度その時期、学校では「恵まれないネパールの子供たちに物資を送ろう」というイベントを行っていました。

皆いらなくなった衣類や鉛筆などを持ってきて、教室の後ろにあるネパール行きダンボール箱の中に入れていました。

僕らも最初のうちは真面目にそのイベントに参加していたのですが、そのうち誰かが「ミカン・・・入れない!?」と言い出しました。

僕らはさすがに「それはまずいだろー」「ネパールに失礼だろー」と言っていたのですが、次の日の朝には皆しっかりミカンを持ってきて、ダンボールの底一面が黄色一色になるぐらいミカンを詰め込んでゲラゲラ笑っていました。


そしてその日の帰りのホームルーム。

普段あまり怒らない体育系の担任が、今にも人を殺しかねない形相で教室に入ってきました。

そしてボソッと「・・・ミカンをダンボールに入れたやつ誰だ。」と、物凄いドスのきいた声で話し始めました。

皆瞬時に担任の怒りの深さ(半年に1回あるか程度)を感じ、一気にクラスの中がシーンとなりました。

僕の胃もこりゃやばいことになったとキリキリし始めていました。

「・・・もう一度言う。ミカンをダンボールに入れたやつは誰だ。」

さらに追求してくる先生。

もうほとんどの生徒が下を向き、一刻も早くこのテポドンが去ってくれるのを待つといった状態になっていました。

しかし、そんな中突然後ろの席から静寂を破る一つの声が聞こえました。

「撤回を要求する!撤回を要求する!」

そうです。先ほどのミカン投げのエピソードにも出てきたお調子者の細川君です。

僕以上に空気の読めない彼は、いつもの調子でギャグを飛ばしてしまったのです。

思わず固まる僕ら。

一瞬にしてもう限界ってくらい引きしまる空気。

何も考えていない細川君。

そして、先生の雄叫び。

「男子全員廊下出ろぉぉおおっっーー!!!!」


廊下に並ぶクラスの男子全員。事件に関係のない男子の「何で俺らまで・・・」という刺すような視線がつらい。

先生の一言。

「・・・関係ないやつは教室戻れ。」

ぞろぞろ教室に戻り、取り残される僕ら5人。

そして先生が一番手前側の生徒に近付き、
「おい・・・お前なにやったかわかってんのか」と言いながらこめかみを思いっきり鉄ビシ(グーにしたとき中指だけ出す握りこぶしのこと)で殴りました。

「ぐっ・・・」あまりの痛さに思わずうずくまる友人。

そして「なにミカンなんかいれてんだ?あっ?」と2番目の生徒(僕)に鉄ビシ。

さらに「お前このネパールへのボランティアを何だと思っているんだ?」「お前ら片山(クラスの女子)のリコーダーも入れてたよな?あっ?」と言いながら次々に鉄ビシをかましていきます。

そして最後に残った細川君。

「お前・・・さっき撤回がどうとかいってたな?・・・ありゃなんだ?」

あまりの恐ろしさに思わず黙り込む細川君。

「んあ?黙ってちゃわからんだろ?何か行ったらどうだ・・・?」さらに追求する先生。

覚悟を決めたのか細川君、ついに口を開く。

「え、えっと・・その・・つ、つまり・・ミカンの撤回を要求するっていう意味なんで・・・」

「お前がミカン入れたんだろうがぁあっー!!!」

とまだ言い終わらないうちに先生に遮られ、左右両方のこめかみに鉄ビシをくらっていました。

「あsdfg・・・」と声にならない悲鳴をあげて倒れこむ細川君。


その後僕らは5人そろって仲良く図書室で反省文、親の呼び出し、家でも怒られるとお決まりの3連コンボをくらいました。

また今後一切そのミカン畑には近づかないと約束もさせられました。


大人になった今言わせてください。ボランティアに携わった皆さん、そしてリコーダーがネパール行きになりかけてしまった片山さん、本当にすいませんでした。


そんな10月のミカンのような甘酸っぱい思い出。

じゃあまた、パピィより。
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 01:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 僕はいたずらっ子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

僕はいたずらっ子でしたその5〜エロスが大好き〜

こんにちは、パピィです。

「僕はいたずらっ子シリーズ」、第5弾です。

(過去のシリーズは、右側のカテゴリにあります。)


それでは、当時の悪行の一部、紹介したいと思います。



ワオワオサンダース所業そのD <エロス系>

エロスが好きな僕らでした。

中学1年生の頃というのは「性」に対してとても興味を抱く時期であり、オープンになる時期でもあります。

僕らも例外ではなく、いつも覚えたての卑猥な単語を言い合っては、女子に酔っ払いの寝ゲロを見るような目で見られていました。


そんな僕らは次第に「言葉だけじゃ満足できない」と思うようになり、実際にエロスを体験したいと思うようになりました。

ある日、仲間の一人の進藤君(仮名)が「駅前のデパートで、階段を昇る女子高生を観て楽しもう!」と、とんでもないことを言い出しました。

当然他の仲間たちは「んなことできっかよー」「恥ずかしすぎじゃん」「あほくさー」と、けんもほろろな反応でした。


その日の放課後。

地元の駅前デパートの階段の下で「コンタクトを落としちゃったー」といいながら、階段を昇る女子高生を観て楽しんでいる僕らがいました。

どんな正論もエロスの力には敵わなかったのです

僕らはこれを「エスカ(レータ)」と名付けました。


そしてこれはクラスで流行りました。

学校帰りや、部活帰りにこぞってデパートに行く僕ら。

最終的には十数人もの男子中学生が「コンタクトー」と呟きながら階段下でうろうろしているという、世にもおぞましい状況が出来上がっていました。


当然普通に買い物をしている方たちには不審がられ、
「ママー、あの人たち何やっているの?」
「し、見ちゃダメ!」
という漫画のような会話も聞くことが出来ました。

また、女子高生からは「エロガキ中」という全くもってその通りなニックネームも頂戴しました。


そして、いつも通り警備員に通報、学校に通報、先生に説教という王道パターンを経て「エスカ」は終わりを告げました。


一ヵ月後。

僕が所用のため隣町のデパートに行くと、エスカレーターの下に見覚えのある人影が見えました。

進藤君でした。

一応本を読むふりをしているのですが、顔が絶えず上を向いているため明らかに不自然でした。

僕は声を掛けることなく、そっとその場を後にしました。


今も彼がそこに居ないという保証は出来ません。


じゃあまた、パピィより。

一日ワンクリックお願いします。↓
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 01:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 僕はいたずらっ子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

僕はいたずらっ子でしたその4´〜パニックが大好き〜

こんにちは、パピィです。

前回の続き、お待たせしました。
(前回の記事を読まれていない方は、先にコチラをお読み下さい。)

それでは、いってらっしゃいませ。


ワオワオサンダース所業そのC´ <パニック系>

次の日のお昼休み。

僕らが教室でヘラヘラ話していると、前川さんとその彼氏(3年生)が現れました。

彼氏は一応不良の部類に入るのですが、常に半開きの口、知性を感じさせない言動、結局は使いっパシリ系、などの理由から全く怖がられていませんでした。

また、当時流行っていた「ロングバケーション」というドラマの木村拓哉さんを意識した髪型から、エセタク(似非キムタク)と呼ばれていました。

そのエセタクが僕らの方につかつかと歩いてきました。

唐突に机を蹴っ飛ばすエセタク。

「お前らちょ、ちょっとこいや!」


静まり返る教室。

興味津々のその他の男子。

一緒に睨み付けてくる、前川さんwith取り巻きの方達。

完全スルーのその他の女子。


「へ、何でですか?」

聞き返す僕達。


「いいから来いっつってんだよ!」

「いや、意味わかんないんですけど。」

「ああん、おめーらが美香(前川さんの名)に変な手紙書いたんだろ!」


一瞬固まる僕達。


「いや、書いてないっすよ(大嘘)。つーか何で俺達って思うんですか?」

「あー!てめーら昨日そのことで呼び出しくらってたんじゃねえのかよ!」


『あーなるほどね。でもそれは騒いでたから呼び出しくらったのであって、俺らが書いたのがバレたからじゃないんだよな。んじゃ、今エセタクはカマかけてんのか』(心の声)


「いや、それは騒いでたんで、呼び出しくらったんすよ。書いたのは俺らじゃないっすよ(大嘘)」

「ああ!うるせーよ!いいから来いっつってんだよ!」


ブチッ!

仲間の一人(武闘派)の血管が理不尽にはち切れました。

「ああん!やってねーっつってんだろ!このダボが!(大嘘)
 何なら先生に聞いてみろよ!ほら、いくぞ!」


逆に、エセタクを連れ出そうとする武闘派。


「おい、ちょ、待てよ!」

元来小心者のエセタク。

途端に弱気になり、キムタクのモノマネをするモノマネ芸人ホリのモノマネのような発言が飛び出しました。


「待て、じゃねーよ、ああん!てめーが言いがかりつけてきたんだろ!」

こうなると形勢逆転です。

他のメンバーもここぞとばかりに言いたい放題です。

「だいたい何だよその髪型」

「つーか鼻呼吸してないんですか」


など全く関係ないことまで言い出す僕ら。


「もう前川とニャンニャンした?ねえした?」

どんな時も自分を偽らない、「ち○こー」の彼。


そして最終的には何故か仲良くなり、この一件は落着しました。


こんな面白くない落ちですいません。



じゃあまた、パピィより。

次はましなの書きます。

posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 僕はいたずらっ子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

僕はいたずらっ子でしたその4〜パニックが大好き〜

こんにちは、パピィです。

「僕はいたずらっ子シリーズ」、第4弾です。

(第1弾を読まれていない方は、先にそちらからお読みください。)


それでは、当時の悪行の一部、紹介したいと思います。



ワオワオサンダース所業そのC <パニック系>

パニックにさせるのが好きな僕らでした。

当時僕らのクラスには、前川さん(仮名)という先生や一部の男子の前ではぶりっ子、女子の前ではイジメのリーダー格という、午後1時半からのドラマに出てきそうな女子生徒がいました。

彼女の周りには常に4、5人の取り巻きが存在し、まるで女王さながらの振る舞いでした。


僕らはそのような方をパニックにさせるのが大好きでした。


ある日の放課後、僕らは彼女の机の近くに一通の便箋を無造作に落としておきました。

「To キティー

 ねー、最近さーまじ前川うざいんだけどぉ。。
 
 男子にはぶりっこぶりぶりのくせにさー、女子の前だと女王様気取りじゃ
 ん!

 何様だっつうのぉ!

 ってゆうか、この間授業中、屁こいてたらしいよ!

 まじ受けるんだけど(笑い)!

 ホント、男子にばらすぞって感じだよねぇー。

 まあ、一人に言ったけど(笑い)

 
 あ、土曜日の件了解しましたー。

 10時に駅前ね☆  

 じゃあねー   from けろっぴ   」



放屁のくだりは僕らが勝手に捏造しました。


次の日。


クラスの中心で前川さんが大爆発していました。

「キティーって誰よ!!誰が書いたのよ!!まじ有りえないんだけど!ちょーむかつくーー!!」


事情が呑み込めず、ポカンとしている男子。

思わず噴出しそうになる僕ら。

オロオロしている取り巻きの方達。

完全スルーのその他の女子。


「日誌持ってきてよ!!誰の筆跡か調べるから!!」

口から泡を飛ばさんばかりの前川さん。


ちなみに仲間の一人がこれでもかってぐらいの丸文字で書いたので、筆跡から身元は割れません。


「けろっぴって誰よ!!誰が書いたのよ!!ホント有りえないんだけど!まじむかつくーー!!」

振り出しに戻る前川さん。


そしてお昼休み。


この騒ぎをどこからか嗅ぎ付けたのか、隣のクラスのお調子者(僕らとは無関係)がやってきました。

そして一言。

「うわー、このクラス屁くせー!だれか屁こいてねー!!」


一瞬の静寂の後、大爆笑する男子達。
(この時点でほとんどの人が手紙の内容を知っています)

顔を真っ赤にして、般若の形相で睨みつける前川さん。

「やめなよ!」などと前川さんを庇う取り巻きの方達。

完全スルーのその他の女子。


「屁っこきっ虫!屁っこき虫!」

ますます調子に乗るお調子者。


「屁っこきっ虫!屁っこき虫!」

追随して囃し立てる、男子の一部。


「ち○こー!」

合いの手を入れる、「HOWEVER」の時の


「こらっっ!何の騒ぎだ!!」

この馬鹿騒ぎを聞きつけて、生活指導の先生登場です。


途端に泣き真似始める前川さん。


取り巻きの方が先生に事情を説明して、お調子者と僕らは生活指導室に連行されました。

取り合えず事情を洗いざらい話し(もちろん誰が書いたかは黙秘ですが)、その場は軽く叱られただけでした。

そして次の日・・・。


(かなり長くなりそうなので、続きはまた後日に書きます。引っ張ってすいません。)



じゃあまた、パピィより。

ブログランキング参加中です。あなたの一票待っています。↓
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 02:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 僕はいたずらっ子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

僕はいたずらっ子でしたその3〜歌うのが大好き〜

こんにちは、パピィです。

「僕はいたずらっ子シリーズ」、第3弾です。

第1弾第2弾を読まれていない方は、先にそちらをお読み下さい。)


それでは、当時の悪行の一部、紹介したいと思います。


ワオワオサンダース所業そのB <シング系>

歌うのが好きな僕らでした。

当時はミスチル、シャ乱Q、SPEED、小室ファミリーなどが流行りに流行り、世の中の中高生を虜にしていました。

僕らも例外ではなく、毎週「CDTV」や「歌の大辞典」を欠かさず見ては、必死にメロディーを口ずさんでいました。


滑稽なほど必死でした。


学校の帰り道でも「さーばいばるでぇんす!さーばいばるでぇんす!(TRF)」などと呟きながら両腕を前に垂らしスキップをしていました。

ご近所の方々には、かわいそうな子と思われていました。


そんな僕らの中学校では毎年10月に「文化コンサート」という、各クラスごとに合唱曲を発表しあうイベントがありました。

僕らのクラスは「大地讃頌」を歌うことになり、主に放課後、練習をしていました。

しかしミーハー男子生徒の間では「こんなのやってられるかよー」的な空気になり、その時流行っていたGLAYの「HOWEVER」を皆で歌っていました。


そして歌っているうちにテンションが上がってきた僕らは、
「この歌を録音したい」
と思うようになりました。

うまい具合に練習用の大地讃頌デモテープとラジカセがあったので、クラスの「やられキャラ」である早川君(仮名)にレコーディングをしてもらいました。

皆、「わおわお」「チェケラ」など好き勝手に合いの手を入れて楽しんでいました。


十分に満足した僕らは、上書きしたデモテープをそのままにして、帰路につきました。



事件は唐突に起こりました。


文化コンサートの時期になると、給食の時間に「歴代の合唱発表会優秀クラス」と称して、過去の合唱発表会で評価の高かったクラスの合唱曲を全校放送で流していました。

合唱発表の本番が近いということで、さすがの僕らも聞き耳を立てて「あーだこーだ」言っていました。


そして、

「次は、昨年の2年1組による"大地讃頌"お聴きください」

とのアナウンスが流れました。


その時僕は、「へー去年も選曲したクラスあったんだー」と思っただけでした。


曲が始まりました。

「母な〜る〜大地〜よ〜」


「ん、何か聞いたことあるぞ・・・」


曲が続きます。

「大地〜を〜愛せ〜よ〜、大地〜に生きる〜」


「ん、あれ、まさか・・・」


曲が崩壊します。

「人の子・・・たえええまなくぅ〜注ぐ、愛の名をををー!!!(絶叫)


早川君です。

彼の「HOWEVER」です。

僕らがただのデモテープだと思っていたモノは、過去の優秀クラスの遺作だったのです。


しかもその後、

「えいえ〜んと〜!(絶叫)よぶこ〜とが!(裏声)出来〜たなら〜!!
 

 ち○こーーー!!


最悪の合いの手が入っていました。


鼻から牛乳を噴き出す担任の先生。

固まる僕達。

大爆笑する隣のクラス。

便器に群がるハエを見るような、女子の視線。


「ちょっっ、早く!!止めな・・・!!」

大慌ての放送室。


その後も約10秒間程度「HOWEVER」が流れ、
「アホアホブラザーーズ!!」と合いの手が入った瞬間、放送は止まりました。


そして僕らは毎度お馴染み「呼び出し、説教、平謝り」の王道コース行きになりました。

また、むしろ被害者である早川君は、昨年「大地讃頌」を歌った先輩一人ひとりに謝罪コース行きになりました。


あの時関わった全ての人に謝罪します。本当にすいませんでした。


じゃあまた、パピィより。

ブログランキング参加中です。あなたの一票待っています。↓
banner.gif


posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 02:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 僕はいたずらっ子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

僕はいたずらっ子でしたその2〜投げるのが大好き〜

こんにちは、パピィです。

「僕はいたずらっ子シリーズ」、第2弾です。

(第1弾はコチラから。読んでいない方は先に第一弾をお読み下さい。)


それでは、当時の悪行の一部、紹介したいと思います。


ワオワオサンダース所業そのA <スロー系>

投げるのが好きな僕らでした。

学校の帰り道や、学習塾の帰り道に、いろいろな物をいろいろな所に投げていました。


ある日、サンダースの仲間と学校の中庭で取れた「夏みかん」を食べながら帰っていました。

大量に盗んだ頂いたため、当然夏みかんは余ってしまいます。

僕らは夏みかんの皮を仲間内で投げ始めました。


当然エスカレートしていきます。


最終的には物陰から夏みかんの皮や実そのものを、何故か通りかかる高校生カップルに投げていました

モテない僕らにとってカップルは敵そのものだったのです。

そんなことをしている内に、仲間の一人が誤っておばさんに投げてしまいました。

おばさんは激怒し、僕らの方に向かって来ました。


僕らは例によってくもの巣を散らしたように逃げたのですが、運悪く仲間の一人である山田君(実名)が名札を見られてしまいました。

おばさんは叫びました。

「○○中学の山田(やまだ)ね!学校に通報するわよ!」

山田君はパニックに陥りながらも叫びました。

「"やまだ"じゃないです! "さんた"です!」


どこの世界にみかんの皮を人に投げつけるアグレッシブなサンタクロースがいるのかと、

どこの世界に山田と書いてさんたと読むアクロバティックな人間がいるのかと、


逃げながら僕の脳裏にぼんやりと浮かびました。


当然、その後学校に通報され、僕らはあえなく御用となりました。


生活指導の先生の「何故みかんを投げたんだ!」という問いに対し、

「間違えたんです!」

と答えた仲間がゲンコツを多く喰らっていたのが印象的でした。

どんなに間違ってもみかんは投げません。


そして、大人になって良識というものがやっと身についた今、言わせてください。



おばさん、高校生カップルさん、あの時は本当にすいませんでした。



じゃあまた、パピィより。
P.S. いたずらっ子シリーズ、まだまだ続きますよ。


ブログランキング参加中です。あなたの一票待っています。↓
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 02:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 僕はいたずらっ子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

僕はいたずらっ子でしたその1〜叫ぶのが大好き〜

こんにちは、パピィです。

今日は少し思い出してみました。


子供の頃、僕は悪ガキでした。

ピークは中学一年生の時です。


タバコを吸ったり、先生に逆らったりといわゆる「不良」ではありませんでした。

しかし、人に迷惑をかけるという点では不良よりタチが悪かったと思います。


高校に送る内申書、担任の先生は必ずその生徒の長所を書かなければなりません。

僕の内申書には、
「人が嫌がるようなことを、自ら率先して行うことが出来ます。」
と書いてありました。

まさに、皮肉言葉のマジックですね。


中学1〜2年生の時、僕は悪戯友達7人とで立ち上げた「ワオワオサンダース」というチームに所属していました。

皆同じ学習塾に通っており、活動時間は主にその帰り道でした。

当時の悪行の一部、紹介したいと思います。


ワオワオサンダース所業その@ <ラウド系>

叫ぶのが好きな僕らでした。

学習塾の帰り道、「山石君(仮名)」という同級生の家がありました。

僕らはいつもそこを通る時、「山石くーん」と大声で叫んでいました。

そして反応を待たずに立ち去っていました。


当然、徐々にエスカレートしていきました。


次に「山石わおわお」、「山石さいこー」などあまり考えなしの台詞を叫んでいました。

この時点でも、山石君の家は無反応でした。


最終的には、何故か「山石夜の帝王」「山石黒ブラ」など全く根も葉もない情報を添えて叫んでいました。


さらに「山石ポップコーン倶楽部」など、山石君が成人になったとしても決して行くことのないであろう地元の怪しげなスナックの名前と共に叫んでいました。


そしてある日のこと、いつものように「山石あ〜したいこ〜したい」と叫んだ瞬間、駐車場にある車のハイビームが付き、猛烈な勢いで飛び出してきました。

僕らはくもの巣を散らしたように逃げ、それ以来叫ぶのを止めました。


イメージして下さい。

あなたが家族とご飯を食べている時に、外から「○○パンチラ大王」と叫ばれた状況を。



大人になって良識というものがやっと身についた今、言わせてください。



山石君、あの時は本当にすいませんでした。



じゃあまた、パピィより。


ブログランキング参加中です。あなたの一票待っています。↓
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 03:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 僕はいたずらっ子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。