2006年04月11日

満員電車にはお気を付けて!

こんにちは、パピィです。

学生さんはそろそろ授業が本格的に始まりますね。

朝の満員電車が憂鬱なんだよな〜という方もいらっしゃるのではないでしょうか。


僕も先日久々に満員電車に乗ったのですが、その日は「電車の遅延」「雨」「通勤ラッシュのピーク」という満員電車3大条件が重なってしまい、ものすごい状況になっていました。

まず駅のホームですが、ホーム内はもちろん階段の半分以上にまで人が溢れ、全く前に進めない状況でした。

やっとホームに進めても人の波にもみくちゃにされ、ここが白線の内側なのか外側なのかもわかりません。

白線の内側と外側を行ったり来たり、まさに「白線流し」状態でした。


そうこうしている内にようやく電車が到着しました。

ドアが開いたその刹那、一斉に電車内に駆け込む人、人。

乗車率は一気に100%近くにまで跳ね上がります。

それでも乗ってくる人、人。

乗車率は130%超といったところでしょうか。

当然ドアは閉まらず、駅員さんが本気を出して押し込みます。

それはまさにバスケットでいうスクリーンアウトそのものです。

僕は思わず「ディーフェンス、ディーフェンス、リバウンドしっかり!」と小声で呟いていました。


ようやくドアが閉まり、発車しました。

乗車率130%超の車内は、顔面距離10cmの世界。

これは心理学的にいう親密な関係におけるパーソナルスペース(45cm)をはるかに凌駕したいわば肉体的な関係における数値です。

そのためほんの少しの電車速度の変化で、乗客がわっさーと傾き「あたたたた!」「痛って!」「でへへ」「きゃーー!」などの悲鳴があちこちから聞こえてきます。

僕はというと、近くに若い女性がいたため痴漢に間違われては困ると、何故か両手を頭の後ろで組んで乗っていました。

しかも、ちょうど向かいの男性の手が僕の股間の場所に位置していたため、不快に思い腰を思いっきり引いていました。

その姿は偶然にも人間工学的に美しいとされるS字を描いており、僕は「この人いくらモデルになれなかったからって、こんなところでモデルポーズをして僕まだいけるんですってアピールしなくたっていいじゃない」と思われているのではないかと心配しました。


そんなわけで、電車が目的地に着いたときには肉体的にも精神的にもクタクタでした。

皆様も満員電車にはお気を付けて。


じゃあまた、パピィより。


ランキング復活させました。暇だったら押してください。
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 観たこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

ワールドワイドミクシー!

こんにちは、パピィです。

桜は咲けど、まだまだ肌寒い日が続きますね。


皆様はmixiというwebサイトをしっていますでしょうか。

「知らねーよ!バカ!」

気持ち良いくらいにはっきりとした回答、ありがとうございます。


mixiとはソーシャルネットワーキングサイトの一つです。

ネット上の社交場と言ったほうが早いでしょうか。

そこには友達を介してのみ登録することが出来ます。

つまり、mixiに登録している人全てが「自分の友達の友達の・・・ホモ達の友達」になるわけです。

僕も去年の6月に友人から招待を受け、mixiに参加しています。


といっても初めのうちは特にすることが思い浮かばず、専ら小学校時代の初恋の人を探すことだけに終始していました。

だらしなくにやけた顔を画面に向け、初恋の人の名を片仮名やローマ字などで必死に検索する僕を見たら、紹介者の友人はどう思ったでしょうか。


しかし段々と友達が増えるにつれ、mixiが俄然面白くなってきました。

といっても基本的にやることは変わらず、相変わらずだらしない顔で「でへへ」と呟きながら中学校時代の好きな人を検索していました。

完全にmixiをただの出会い系サイトと捉えている僕を見たら、紹介者の友人はどう思ったでしょうか。


ですが最近は自分でコミュニティを立ち上げたりして、積極的に検索以外の活動を行っています。

その名も「驚いた時ぐふぃんと叫んでしまう」コミュニティです。

しかし立ち上げて一週間が過ぎても、全く人が入ってきませんでした。

しばらくしてやっと30代男性の方が参加してくださったのですが、
「僕もちょ→驚いた時にぐふぃん!と言ってしまうんですよ!・・・(中略)・・・もっともっとこのコミュを盛り上げていきましょう!!ぐふぃん!」
という長々とした書き込みを見て急に虚脱感に襲われてしまい、このコミュニティを強制的に閉鎖してしまいました。

自分が書き込んだ次の日にそのコミュニティが抹消されてて、30代男性の方はさぞかし不快に思ったことでしょう。

この場を借りて謝罪いたします。


と、いろいろありますが僕はmixiライフを楽しんでいます。

ちなみにまた新しくコミュニティを立ち上げていますので、暇な方は探してみて下さい。


じゃあまた、パピィより。
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

僕は芋が好き。

こんにちは、パピィです。


「あなたは芋が似合いますね。」

もし皆様が突然このようなことを言われましたら、どう思いますか。

大抵の人は「え、そりゃ確かにじゃがバターやポテチは大好きだけど、突然何?それって褒め言葉なの?」と戸惑いを隠せないのではないでしょうか。

僕も先日何気なく干し芋を食べていて、友人に上の台詞を吐かれたときは複雑な気持ちでした。


しかし不思議ですよね。

仮に芋ではなく「ワインが似うね」と言われたならば、「あ、私って大人な魅力のある人だと思われているんだな」と悪い気はしません。

仮に芋ではなく「高野フルーツパーラーのフルーツポンチが似合うね」と言われたならば、「あ、私って似非プチセレブで都会が似合う感じって思われてるんだな」と悪い気はしません。

仮に芋ではなく「ドリアンが似合うね」と言われたならば、「あ、私って腋臭だから明日から8×4のロールタイプをしっかり付けて来てねと暗に言われているんだな」と悪い気がしないわけがありません。


何故芋だけこのように複雑な気持ちになってしまうのでしょうか。

芋・・・芋・・・芋。

考えてみました。


もし今皆様の周りに誰がいるのならば、その人を正面から指差し「芋っ!」とおっしゃってみて下さい。

大抵の人はポカーンとするでしょう。

一部の人は「私は芋ではありません!」と否定するでしょう。


また、もし今皆様の手の届く範囲に芋がありましたら、その芋を持って家の外に出て頂けないでしょうか。

そして、道行く人に「この芋要りますか?」と聞いてみてください。

やはり大抵の人は「いや、間に合っています。」と断ってくるでしょう。


以上の2つのことから「芋というのは皆好きなんだけど、大きな声で好きというのは恥ずかしい」という結論が出ました。

ここで僕は言いたいです。

「もっと芋を誇りに!もっと芋を愛して!」


もし世界中の人々の主食が芋だったならば、世界はもっと平和だったかもしれません。

世界的に有名なオードリーヘプバーン主演の映画「ローマの休日」「ティファニーで朝食を」も「ローマの芋休日」「ティファニーで芋を」に変わっていたかもわからないですよね。


台無しですよね。


今日は少し芋について熱くなってしまいました。


じゃあまた、パピィより。
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 00:15| Comment(5) | TrackBack(2) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

春を愛する人

こんにちは、パピィです。

長い間お休みしてしまいました。

理由は「卒業研究で忙しかった」などいろいろあるのですが、98%が僕の怠慢から来ています。

申し訳ございません。


春になり、桜が咲き、大学院生になり、FF12にも飽きてきたので、心機一転またこの自己満的駄ブログを再開しようと思います。

そして、この「パピィの観て、聴いて、感じて、思い出して、何も考えていないコラム」というしょーもないブログ名も変えようかと思っています。

また、この駄ブログを盛り上げるため、皆様が思わずウホッとなってしまうようなコンテンツも導入しようと思っています。

2006年春、パピィにはやる気がみなぎっています。

いや、最早パピィではなくneoパピィです。

「うっひょー!!やったるやったるジェイ!!!」



多分まったく変わりません。


じゃあまた、パピィより。

2006年01月30日

校内合宿で肝試し!ウホッ

こんにちは、パピィです。

お久しぶりです。


最近は卒業のためにしなければならないことがあり、学校に泊まることが多くなっています。

思えば、学校に泊まるなんて小学5年生の時の「校内合宿」以来です。

体育館一杯に敷き詰められた布団に、150人近くの子供たちが我先にと飛びつくさまは圧巻でした。

僕はというと、我先にと布団に飛びつく振りをしながら、実は好きな子の隣になることだけを考えていました。

謝罪します。


また校内合宿のイベントの一つに、「肝試し」がありました。

誰もいない校舎を男女混合4人グループで徘徊し、3階のとある教室に証明書を置いて行くという内容でした。

当時強がっていた僕は、内心ビビりまくりの心境を隠し、こんなの怖くないぜ的な態度で肝試しに望みました。

「ほらっ、早く来いよ!おっせーなー」とリーダー面して歩いていた僕の目は半目でした。

半目でしばらく歩いていると、目的の教室が見えてきました。

皆がホッと安堵の表情を浮かべているところに、いきなり馬が飛び出してきました。

いや、それは馬のお面をかぶった脅かし役の先生でした。

僕は突然のことに面食らってしまい、思わず「ギャーース!!」と叫んでその場に尻餅をついてしまいました。

他のメンバーは「キャー」「ワー」と叫びながら、遠くに逃げていってしまいました。

僕は再び「ギャーース!!」と叫びました。

すると、馬がお面を外して先生になり「そんなに驚かなくても・・・」と言いました。

僕は赤面しました。

が、時すでに遅く学年中に「パピィはビビり」という事実を知られてしまいました。

そして、「あ、ビビりだ」など盛んにからかわれるようになりました。

僕はその度に「違う!ビビりじゃない!」と言い返していましたが、全くもってビビりでした。

そんな悲しい思い出の残る「校内合宿」。

じゃあまた、パピィより。

駄菓子感覚で、ボタンを押してください。
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 15:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 思い出したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

織田さんとウホッの関係。

こんにちは、パピィです。


突然ですが、皆様は「ウホッ」という言葉に対してどのような考えをお持ちでしょうか。

「えっとねー、やっぱ声に出して読みたい日本語の一つだよね!山の頂上なんかで叫んだりすると最高だよ!」

やはり、特に気にしたことがないというのが、普通なのではないでしょうか。


僕もそうでした。

あのCMを観るまでは。


先日何気なくTVを観ていたら、あのCMが不意に僕の目の前に飛び込んで来ました。

それは織田裕二さんが出演しているユーキャンのCM(←織田さん篇の左から2番目)です。

TV越しに織田さんと女性が会話をしているという内容なのですが、僕は織田さんが発言したある言葉に違和感を覚えました。

以下にCMの一部を抜粋します。

女性「こんにちは織田さん!」
織田「はーい☆こんにちは」
女性「私ついに、保育士の資格取りました!」
織田「ウホッ!、やった」

文にしてみると、あまり違和感がないかもしれません。

しかし僕は織田さんが発言した「ウホッ」という単語に、非常に違和感を覚えました。

ウ ホ ッ。

たったの3文字なのに、この違和感はなんなのでしょうか。

仮説を立ててみました。


仮説@ ウホッはゴリラ語

「ウホッ」という言葉について本気を出して考えてみたところ、そもそも「ウホッ」という言葉は人間の言葉ではなく、ゴリラの言葉なのではと思いました。

もし今皆様の周りに誰か知り合いの方がいるのならば、試しに「ゴリラのモノマネをして」と頼んでみてください。

その知り合いの方がゴリラに対して真剣に考えたことがあるならば、きっと両腕をだらしなく前に垂らして「ウホッ」と呟くのではないのでしょうか。

つまり、踊る大捜査線などで非常にかっこよかった織田さん(人間)が急にゴリラになってしまった。

そこに違和感を覚えたのでしょう。


仮説A ウホッはホモ語

私事なのですが、一時期ネタとしてホモ漫画にはまったことがあります。

その中で青年がいい男を見たときに「ウホッ」と表現していました。

ffff.JPG

このことが僕の脳裏に焼きついていたのが原因ではないでしょうか。

つまりノーマルと思われる織田さんが、急にホモになった。

そこに違和感を覚えたのでしょう。


以上2つの仮説を立てたのですが、皆様はどちら派でしょうか。

また、別の仮説を持っている無駄に熱い方がいらっしゃいましたら、コメントに書き込んでくださいませ。

じゃあまた、パピィより。

この記事に点数をつける
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 16:08| Comment(4) | TrackBack(1) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

ある冬の早朝−僕は誰

こんにちは、パピィです。

皆様は冬の早朝はお好きですか?

かの有名な枕草子でも『冬はつとめて。』と述べられています。


先日、僕は朝の5時にふと目を覚ました。

特に2度寝する気分でもなかったので、かなり早いのですが学校に向かいました。

早朝、大学の最寄駅に降り立った僕は、いつもと違う風景に心を奪われました。

目を覚ました太陽、澄み切った空、誰もいない通学路。

僕は思わず走っていました。

張り詰めた空気の中に響き渡る僕の息遣い。

走る、走る。


学校に着くと、受付では既に職員の方が働いていました。

とても清々しい気分になっていた僕は、元気に挨拶をしました。

「おはようございます!」

「・・・。」

華麗にスルーされました。

僕は少し気分が落ち込みました。


研究室に一番乗りで着いた僕は、まず窓のブラインドを上げました。

途端にこぼれるような朝日が僕の目に飛び込んできました。

僕は太陽に手をかざし、「まぶしいぜ」と呟きました。

そしてコーヒーを片手に、日課であるPCメールのチェックをしました。

すると半年振りの友人からメールが届いてました。

僕は嬉しくなり、すぐさまメールを開きました。

そこには「いつ2万円返してくれるの?」とだけ書かれていました。

僕はメールを閉じました。


落ちたテンションを取り戻すために、コーヒー片手に再び窓の側に向かいました。

先程は気づかなかったのですが、窓から見える大木に朝日が当たる様は、とても幻想的で美しいものでした。

僕は朝日と大木がこれほどまでに合うとは知りませんでした。

感動しました。

思わず自然に歌を口ずさんでいる僕がいました。

しかし、何故か長州小力の「NIGHT OF FIRE」でした。

僕は自分のイマジネーションの幅の狭さに、絶望を覚えました。


こんな冬の早朝、皆様はどうでしょうか。

じゃあまた、パピィより。

スナック感覚で、ボタンを押してやってください。
banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 何も考えていません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

君にとっての流行語

こんにちは、パピィです。

ちょっと古い話題なのですが、皆様は2005年の流行語大賞ご存知でしょうか。

そうです、「小泉劇場」と「想定内」です。

前者は先の衆院選で生まれた言葉、後者はライブドアvsフジテレビで生まれた言葉です。

どちらも2005年を語るには欠かせない大きな出来事ですよね。

しかし「想定内」はともかく、「小泉劇場」は余り聞きなれない言葉であり、流行語と呼ぶにはどうかと思います。

やはり、「フォーー!」や「萌え〜」のように、僕らが実生活でも使ってしまう言葉が流行語ですよね。


ここ数年の流行語事情を見ますと、スポーツ選手とお笑い芸人から生まれた流行語が特に多い気がします。

例えば2003年のテツandトモによる「なんでだろ〜」。

これは流行りましたよね。

僕も事あるごとに「なんでだろう〜」と叫んでいました。

特に疑問に思っていなくても「なんでだろ〜」と叫んでいました。

そのためか、周りからは「コイツ頭悪いな。」と思われていました。

いや、口に出して言われました。


金メダルラッシュに沸いた2000年シドニーオリンピック。

ここからも様々な流行語が生まれました。

柔道の田村亮子選手(現:谷亮子選手)による「最高で金、最低でも金」。

水泳の田嶋寧子選手による「金がいいですぅ〜!」。

しかしこれらは印象には残ったのですが、オリンピックという特殊な状況だからこその言葉であって、僕らのような一般人が言うことはまずないですよね。

ただ、読み方を金(きん)ではなく金(かね)と置いたらどうでしょうか。

「最高でカネ、最低でもカネ」
「カネがいいですぅ〜」

一気に金の亡者感が漂ってきますよね。

お金に強い執着のある方が使いそうです。


また、2004年アテネオリンピックで生まれた水泳の北島康介選手の「チョー気持ちいいー!」。

この言葉に至っては、完全に下ネタとして流行ったのが切ないですよね。

流行語としてどうなのでしょうか。


皆様にとっての2005年流行語は何でしょうか。

教えてください。

じゃあまた、パピィより。

読み終わったら一票お願いします。→banner.gif
posted by パピィパピィ聞こえるかい? at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

皆様にとって2006年がよい年でありますように

こんにちは、パピィです。

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

さようなら2005、おいでませ2006。


年明け恒例の行事は数あれど、まず初めにすることは家のポストから年賀状を取り出す作業なのではないでしょうか。

今年は戌年ということで、やはり犬の絵が描いてある年賀状がほとんどでした。

僕はハガキではなくメールで済ませたのですが、ウケを狙って「今年は戌年!」という一文の後にの絵文字を挿入しました。

全ての人がノーリアクションでした。

僕は、ダチョウ倶楽部の上島さんが熱いおでんを食べたときのリアクションを真顔で観ていた女子アナウンサーを思い出しました。


また正月と言えば箱根駅伝。

今年も亜細亜大学の優勝など数々のドラマが生まれましたね。

ただ毎年気になるのが、選手が走っている横を併走している観客がいることです。

彼らは何がしたいのでしょう。

僕は、高校の頃「テレビに映りたい!」と言って夏休みに一週間連続正午に新宿アルタ前でスタンバイしていた友人を思い出しました。


また正月といえばお餅。

そして、今年もお餅を喉に詰まらせて亡くなられた方が大勢いると報道されていました。

悲しいですよね。

ただ以前僕の祖母が「喉に餅を詰まらせて死ぬなんて、幸せな死に方じゃわいな」と呟いていました。

当時は「えぇ!どこがだよ」と思っていた僕ですが、今は少しだけわかる気がします。

とても深い言葉ですよね。

僕は、カツラを被っていた中学校3年生の時の担任が、非常訓練でヘルメットを被るときに「もう被ってるじゃん」とボソッと呟いた図書委員の女の子を思い出しました。


2006年も適度に頑張ってブログを更新したいと思うので、今年もよろしくお願いします。

じゃあまた、パピィより。

読み終わったら一票お願いします。→banner.gif

2005年12月31日

僕は毎年必ず大晦日にしていることがある(Lies and Truth)

こんにちは、パピィです。

今年も残すところあと一日になりました。

大掃除は終わりましたでしょうか。


僕は毎年必ず大晦日にしていることがあります。

それは、この一年間に新しく出会った人を思い浮かべることです。


何故そんなことをするのか。

僕は人間というのは誰かに出会えば出会うほど成長できるものだと思っています。

だから新しい人との出会いに感謝を込めて、思い浮かべさせて頂くのです。

「あの人と飲んだ真夏のある日、楽しかったなー。」

「あの人と勉強を共にした数ヶ月、楽しかったなー。」

「あの人と働いたあの夜、楽しかったなー。」

「あの人に貸した5000円、返してもらってないな。」

さまざまな思い出が蘇ってきます。


先日ある友人にこの話をしたところ「ちょっとキモくね?」と言われました。


一理ありますね。



では、皆様もよいお年をお迎え下さいませ。

そして2006年も「パピィの観て、聴いて、以下省略コラム」をよろしくお願いします。

じゃあまた、パピィより。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。